NEWS

ANNOUNCEMENTS / ANNOUNCEMENTS / 12月 12, 2019

Spin Digitalは、HEVC Media Player(v2.1)及びSDK(v2.2)の新バージョンをリリースします。



ベルリン 2019年12月2日 – 本日、Spin Digitalは、HEVC/H.265 Media Player(Spin Player v2.1)とSDK(Spin SDK v2.2)の新バージョンのリリースを発表しました。Spin Digitalは、新しいバージョンにおいて、パフォーマンスを最適化しただけでなく、12G SDI、8K 120 fps再生のサポート、トーンマッピングによるHDR-SDR変換などの新機能を追加し、メディア ソリューションの改善を続けています。

Spin Digital HEVC/H.265 Media Player v2.1

Spin Playerは、標準的なPCプラットフォームを使用して非常に高解像度と高品質でHEVC / H.265ビデオのスムーズな再生を可能にするプロフェッショナル ソフトウェア アプリケーションです。Spin Playerは、Spin Digital高性能HEVCソフトウェアデコーダと高品質のVideo Render Engineに基づいて設計されています。カスタムアプリケーションに統合するためのSDKコンポーネントとしても利用できます。

Spin Player v2.1 の新機能は、12G SDI 出力インターフェイスを使用した 8K 再生の拡張、優れた HLS ストリーミング機能、パフォーマンスの最適化を主に重点を置いています。

Video Render Engine

GPU and SDI

  • スムーズなビデオ再生とインタラクティブ360°ビデオの応答性向上のためのレンダリングモード
  • HDR ディスプレイにレンダリングするときに、ビデオ内の SDR/SRGB 要素の明るさを高める SDR ライト レベル

SDI

  • プロフェッショナル放送アプリケーションのための12G-SDIインターフェイス(AJA KONA5を使用)で8K60p再生。2 サンプル インターリーブ (2SI) モードとスクェアディビジョン (SQD) 、両方モードをサポート
  • GPU または SDI 出力インターフェイスをサポートするalternateレンダリング モードで 8K60p x 2出力 を使用した 8Kp120 再生
  • SDI レンダリングに向けた、改善とパフォーマンス最適化による解像度のスケーリング

トーンマッピング

  • 標準ディスプレイでHDR品質を保持。トーンマッピング技術によるHDR-to-SDR変換機能
  • HDR-to-SDR変換のための輝度レベル設定

HLSストリーミング

  • 複数のHTTP接続の並列化によるHLSストリームのスムーズな再生

8K再生の推奨システム

最新バージョンのリリースに伴いGPUを使用した8K再生推奨システムが更新されました:

https://spin-digital.com/ja/tech-blog-ja/recommended-systems-8k-playback/

12G SDIを使用した8K再生推奨システムに関するTechブログも新しく追加されています:

https://spin-digital.com/ja/tech-blog-ja/8k-player-12g-sdi/

AJAとのケーススタディ:

https://www.aja.com/news/user-stories/566

Spin Digital SDK v2.2

Spin SDK には、最大 16K をサポートする高性能デコードとレンダリング、およびリアルタイムビデオ処理を必要とするプロフェッショナル ビデオ ソリューションを作成するための一連の C/C++ ライブラリが含まれています。Spin SDK v2.2 では、新しい機能として、12G SDI レンダリングと再生、新しいMuxerとDemuxer、および BC4 形式でのエンコードとデコードの新機能が含まれています。

概要

  • MP4、MPEG2-TS、MKV、および HLS を使用したMuxerとDemuxerのライブラリを追加

HEVCデコーダ

  • ドロップした非参照フレームやBフームのためのフレーム破棄モードを追加
  • 高速トランスコーディングまたは高速プレビュービジュアライゼーションのためにデコードフレームの並べ替えを無効にするオプション
  • bit planarおよびbit semi-planarピクセル形式のパフォーマンス向上

ビデオレンダーエンジン

  • 8K 60p 12G SDI 再生
  • Alternateレンダリングモードによる12G SDIでの8K 120p再生
  • HDR-to-SDR変換のためのトーンマッピング機能のアップデート
  • リアルタイムエンコーダにビデオを送る際に優位なSDI経由のBC4及び非圧縮再生をサポート

ビデオ プロセッシングフィルター

  • CPUベースのBC4エンコーディング及びデコーディング サポートの追加

出荷状況

Spin Player v2.1及びSpin SDK v2.2は、ライセンス利用が可能になっています。デモ版もしくは見積書は、オンラインでリクエスト可能です。https://spin-digital.com/demo-or-quote/

直接、日本国内の担当者に連絡を頂いても構いません。info@spin-digital-ap.com

詳細につきましては、Spin PlayerSpin SDK  をご覧ください。

商標について

「Spin Digital」「Spin Player」「Spin SDK」は、 Spin Digital Video Technologies GmbH(独スピンデジタル社)の商標です。その他、製品は各社の商標で、当リリースでは、説明的な目的で使用されています。

SPIN DIGITAL

Spin Digital Video Technologies GmbH
Helmholtzstraße 2-9, 10587 Berlin. Germany

= ニュースレター

フォローする

  • SPIN DIGITAL 2018 COPYRIGHT