NEWS

ANNOUNCEMENTS / 5月 25, 2021

スピンデジタル社、8K解像度に最適化された新HEVCトランスコーダをリリース



ベルリン 2021年4月30日:ハイパフォーマンスビデオコーデックを提供するスピンデジタル社は、本日、4K、8K、それ以上の解像度をサポートするHEVC/H.265コーデックでデザインされた高精細映像向けトンランスコードアプリケーションの新バージョンであるSpin Enc File v2.0のリリースを発表しました。

Spin Enc File v2.0は、クラウド上において、コスト効率の高いエンコードを行い、また、一般インターネット帯域におさまるビットレートでも充分なクオリティを保つことができます。

今回発表をしたトランスコーダ、Spin Enc File v2.0は、スピンデジタル社のソフトウェアHEVCエンコーダの最新版のエンジンを使用しています。高速化に向けて大幅に最適化され、同時に高品質を維持したまま圧縮率を向上させています。

Spin Enc Fileには、ハイエンド トランスコーディング アプリケーション向けに3つの主要なコンポーネントが含まれています。

  • Spin Dec:プロフェッショナルフォーマットをサポートするハイパフォーマンスHEVCデコーダ
  • Spin Filter: 解像度スケーリング、HDRトーンマッピングなど、ビデオ処理タスクのためのハイパフォーマンス、高精度、プリプロセッシングフィルタ
  • Spin Enc: ハイパフォーマンス高品質HEVCエンコーダ

これらのモジュールは、すべて、FFmpegメディアフレームワークに統合されていて、トランスコーディングワークフローを容易にします。また、FFmpegメディアフレームワークに統合されることでFFmpegがサポートする入力及び出力フォーマットにも対応しています。

Spin Enc File v2.0は、クラウド8Kトランスコーディングにおいて、費用対効果に優れ、同時に、一般インターネット上で8Kストリーミングに対応するビットレートで充分な品質を保ちます。

8Kクラウド トランスコーディング アプリケーション向けに最適化

トランスコーディングアプリケーションでは、ProRes、DNxHD、Cineformなどの中間コーデックを使用して圧縮された高品質ソースファイルがHEVCのような配布フォーマットに変換されます。必要に応じて、クロマサンプリング、解像度スケーリング、トーンマッピングなどの変換工程がエンコード前に適応されます。したがって、トランスコーディング アプリケーション全体には、中間ファイルのデコード、ビデオ処理フィルタの実行、配布フォーマットでのエンコードが含まれています。

上図:中間フォーマットからHEVC配布フォーマットへのトランスコーディングワークフロー

 

当社による8Kトランスコーディングのテストでは、当社の最適化されたトランスコーダは、x265エンコーダのようなオープンソースのHEVCソリューションと比較して、大幅に高いトランスコーディング速度で、同様の品質と圧縮レベルを生成することが判明しています。

下記リストで示すように、64コアCPUワークステーションによるSpin Enc File v2.0では、ProResからHEVCに8Kファイルを最大15.4フレーム/秒(fps)、HEVC-4:4:4からHEVCに21.4 fpsでトランスコードすることができます。Spin Enc Fileでは、60 fpsで長さ1.5時間の8K映像を約4時間でトランスコードすることができます。

 Input: ProRes 4:4:4 12-bit
Output: HEVC 4:2:0 10-bit
Input: HEVC 4:4:4 10-bit
Output: HEVC 4:2:0 10-bit
Spin Enc File - balanced15.4 fps21.4 fps
x265 - slow3.3 fps3.2 fps

表1 : Spin Enc Fileとx265を使用て、ProResからHEVCに、及び、HEVC-4:4:4からHEVCに変換したときのトランスコード速度(fps)。Outputファイルは、同等の品質とファイルサイズを保つ。当テスト環境は、Ubuntu Linux 20.04とFFmpeg v4.3.1を使用。64コアCPUワークステーション上で行われました。

Spin Enc Fileは、8K60pの1.5時間の映像を約4時間で高品質トランスコードします。

SVT-HEVCやNvidia Nvencなど、他のHEVCエンコーダと比較して、Spin Enc File v2.0は、トランスコーディングのスピード、圧縮率、クオリティが断然に優れています。コーデックの比較分析の詳細につきましては、Spin Enc File v2.0の技術仕様をご参照ください。

https://spin-digital.com/wp-content/uploads/2021/05/web_spin_enc_file_april_2021_en.pdf

プロフェッショナル映像の制作に最適すぎるツール

当社のトランスコーダは、プロフェッショナル向けビデオフォーマット(4:2:2及び4:4:4、最大12ビット)のHEVC Range Extensions プロファイルをサポートしています。加えて、解像度スケーリング、カラースペースコンバータ、HDR変換機能、トーンマッピング、360°/VRコンテンツ向け球形式変換などのビデオ処理ツールも含まれています。

HEVC準拠であれば、他社 8Kプレーヤもサポートする柔軟なHEVC エンコーダ

柔軟なソフトウェアソリューションであるSpin Enc Fileは、他社のソフトウェア、ハードウェアのHEVC 8Kプレーヤとも互換性があります。日本の8Kブロードキャストに使用されるシングルスライスエンコードやARIB STD-B32などもサポートしています。

お問合わせ

Spin Enc File v2.0は、ライセンス利用可能でございます。デモ版、またはお見積は、オンラインにてもリクエストを承ります。

https://spin-digital.com/demo-or-quote/

https://spin-digital-ap.com/contact/form/

こちらから日本語でのお問合せも可能です。

Spin Enc Fileについての詳細につきましては、下記URLをご参照ください。

https://spin-digital.com/products/spin_enc.

商標について

Spin Digital 及び Spin Enc File は、Spin Digital Video Technologies GmbH(スピンデジタル社)の商標です。

その他の商標は、所有者の財産であり、当リリース内では、説明目的のために使用しております。

SPIN DIGITAL

Spin Digital Video Technologies GmbH
Helmholtzstraße 2-9, 10587 Berlin. Germany

= ニュースレター

フォローする

  • SPIN DIGITAL 2018 COPYRIGHT