NEWS

EVENTS / 4月 3, 2019

AdvantechとSpin Digitalは、NAB2019で8Kライブストリーミングソリューションを発表します。



2019年4月1日(ベルリン):Spin Digitalは、4月8〜11日にラスベガスコンベンションセンターで開催されるNAB Show 2019で、8Kライブストリーミングのための end-to-endソリューションをAdvantechと共に発表します。ライブデモは、Advantechブース(SU10806)でご覧いただけます。

Spin DigitalとAdvantechは、8Kライブストリーミングのための最先端ソリューションの開発を行いました。このソリューションは、アドバンテックのVEGAプラットフォームをベースとしたリアルタイムHEVCエンコーダと新しいSpin Digital Spinクラウド ライブ ソリューションをベースとしたHLSおよびクラウドストリーミングソリューション、およびSpin DigitalソフトウェアHEVCプレーヤーソリューションのSpin Playerをベースとしたメディアプレーヤーで構成されています。

8Kフォーマット

8Kは、単なる画素数だけではなく、高解像度、HDR、広色域、高フレームレートなど、より魅力的な没入型のメディアエクスペリエンスを提供するように設計された新しいフォーマットです。最近では、8Kは、世界各国の電子機器製造業者による8Kテレビおよびカメラの発売により勢いを増しています。 ブロードキャスト、IP TV、VR、大画面ディスプレイなどのアプリケーションで8Kを幅広く展開するには、8Kライブストリーミングが必要です。8Kフォーマットに期待されるハイエンド品質を維持したライブ 8K、リアルタイムエンコーダ、デコーダを組み合わせたストリーミングソリューションへの期待は非常に高くなっています。

8Kライブストリーミングソリューション

AdvantechとSpin Digitalが開発した新しい8Kライブストリーミングソリューションは、AdvantechのVEGAエンコーダプラットフォームとSpin DigitalのソフトウェアプレーヤーSpin Playerを基盤としています。VEGAエンコーダは費用対効果が高く、効率のよいリアルタイムHEVCエンコーダを提供します。また、Spin PlayerはPCプラットフォーム上で柔軟で高性能なソフトウェア8K再生を提供します。そこに、AWSストリーミングをサポートするHLSストリーミングモジュールが開発され、ソリューションとして提供することに成功しました。クラウドストリーミングとCDNのサポートにより、8Kのライブイベントを大規模に展開することが可能となりました。 クラウドストリーミングシステムは、先進的な放送およびITシステムを開発するNHKの関連会社であるNHK Technologies 社との共同開発です。

Advantech, NHK Technologies, Spin Digital 3社による エンドツーエンド 8K HEVC ライブストリーミングソリューション

主な機能

End-to-end の8Kライブストリーミングシステムは、

  • 12G / 3G SDIキャプチャおよびVEGA-3304エンコーダを使用したリアルタイムHEVCエンコーディング
  • AES暗号化を使用したHLSストリーミング
  • AWSベースのクラウドおよびCDN配信
  • AACコーデックを使用した最大22.2チャンネルのマルチチャンネルオーディオエンコーディングおよびストリーミング
  • Spin Playerを使用したソフトウェアHEVCメディアの再生
  • Webベースのユーザインタフェース

NABでのミーティング

新しい8Kライブソリューションは、4月8〜11日にラスベガスコンベンションセンターで開催されるNAB2019にて、アドバンテックブース(サウスホール2階、SU10806)で出展いたします。

NABでのアドバンテックブースでの詳細は、

Spin Digital 8K ソリューションについての詳細は、

日本国内での上記ソリューションについての詳細は、

まで、ご遠慮なく、お問い合わせください。

SPIN DIGITAL

Spin Digital Video Technologies GmbH
Helmholtzstraße 2-9, 10587 Berlin. Germany

= ニュースレター

フォローする

  • SPIN DIGITAL 2018 COPYRIGHT