NEWS

ANNOUNCEMENTS / 12月 6, 2021

スピンデジタル、HEVC トランスコーダのパフォーマンスを向上



2021年12月6日 – ベルリン – 本日、ハイエンドのビデオコーデックカンパニー、スピンデジタルは、UHDトランスコーディング アプリケーション向けに設計されたHEVC /H.265コーデック、Spin Enc File(v2.1)の新バージョンをリリースしました。

Spin Enc Fileは、UHDをサポートするオンプレミスおよびクラウドトランスコーディングアプリケーションに必要な品質と圧縮レベルを生成するHEVCトランスコーダ、コーデックソフトウェアソリューションです。トランスコーダは、スピンデジタルのHEVCコーデックライブラリに依存しており、高いエンコード速度と同時に高い圧縮効率を達成するために広範囲に最適化されています。その結果、ProRes、DNxHD、Cineformなどのメザニン フォーマットを比類ない速度でHEVCに変換することが可能です。

新機能の概要:

  • ブラックマジック社DaVinci Resolve 向け8Kトランスコーディング プラグイン:コンテンツクリエータが、8Kプロジェクトの素材を配信可能なフォーマットで書出しできるようにするため、スピンデジタル社は、ポストプロダクションで使用されているブラックマジック社DaVinci Resolve のプラグイン 8K HEVCトランスコーダを開発しました。トランスコーダは、一般的なメザニン フォーマットからHEVC配信用フォーマットへ高速トランスコードを実現します。
  • 日本8K放送規格「ARIB STD B-32」の対応:HEVCエンコーダは、日本の8K放送で使用されるシングルスライス フレームエンコーディング、ARIB STD B-32規格(4スライス)など、いくつかのHEVCフォーマットをサポートしています。
  • BT.2020規格の視覚品質の向上:スピンデジタルは、8K HDRで最も普及しているカラースペース、BT.2020規格に基づくワイドカラー色域を使用し、ビデオの品質向上もエンコードモジュールで強化しています。その結果、効率の良いコーディングで現実に近い色味を実現しています。

Availability

Spin Enc File v2.1はライセンス可能となっています。デモ版もしくはお見積りは、オンラインでお問合せ可能です。

https://spin-digital.com/ja/contact/

もしくは、

https://spin-digital-ap.com/contact/

こちらまで、お問い合わせをください。

製品の詳細につきましては、下記のSpin Enc Five ページからもご確認できます。

商標について

Spin Digital 及び Spin Enc File は、Spin Digital Video Technologies GmbHの商標です。

その他の商標は、所有者の財産で、ここでは説明目的のために使用されています。

  • SPIN DIGITAL 2018 COPYRIGHT