NEWS

ANNOUNCEMENTS / 2月 17, 2021

スピンデジタル(Spin Digital)、SDK最新バージョン(v3.1)をリリース



ベルリン 2021年2月11日 – 本日、スピンデジタルは、Media SDK(Spin SDK v3.1)の出荷開始をお知らせします。新バージョンのSDKは、ライブエンコーディング、ストリーミング及び再生において、8K及びそれ以上の解像度を要求するハイエンドのライブ メディアアプリケーション開発に使用するとこが可能です。

Media SDK(Spin SDK v3.1)には、SDI キャプチャからのビデオ エンコード、ストリーミング、受信、デコード、およびレンダリングまで、ハイエンドのライブ ストリーミング アプリケーションを作成するために必要なすべてのコンポーネントが含まれています。

Media SDK(Spin SDK v3.1)は、ビデオ及びオーディオのエンコード、デコード、処理、レンダリング、I/O、ストリーミング向けに最適化されたライブラリのセットとなっており、革新的で高い仕様を求めるメディアソリューションの作成を簡素化します。Media SDK(Spin SDK v3.1) には、カスタムアプリケーションを作成するために、メディアモジュールを簡単に組み合わせる必要な機能も含まれています。ライブエンコーダーとライブプレーヤーの作成を簡素化するためのサンプルも準備されています。

新バージョンでの最適化されたモジュールとその主な機能:

I/Oモジュール

rawオーディオ及び8Kビデオ向けにI/Oライブラリを最適化

  • キャプチャ:
    • 3G 及び 12G SDI
    • 非圧縮 YUV
  • クロック: キャプチャ デバイスに基づくクロックをエクスポート
  •  デバイス:
    • AJA Kona 5 (12G)
    • AJA Corvid 44 (12G)
    • AJA Corvid 88 (3G)

ライブ エンコーディング モジュール

8Kコンテンツを低ビットレートかつリアルタイムでエンコード可能な最先端ソフトウェアエンコーダは、既存のネットワークで手ごろな価格で8K配信を可能:

  • 8K60pをサポートするリアルタイムHEVCエンコーディング
  • 高効率と低遅延のエンコードモード
  • HRD バッファ設定対応
  • マルチ解像度エンコーディング
  • CPU最適化のための高度な実装

デコーディング モジュール

1台のワークステーションで最大16Kに対応。高解像度に柔軟に対応する高性能ソフトウェアデコーダ:

  • 4K240p、 8K120p、 16K60pの HEVC デコーディング
  • 非対応入力フォーマットのエラー復元機能
  • BC4圧縮を含む効率的ピクセルフォーマットをサポート
  • CPU最適化のための高度な実装

ストリーミングモジュール

オーディオ及びビデオ MuxingとDemuxing、また1対1及び1対Nにあわせたストリーミング ライブラリ:

  • リアルタイムプロトコル: TS over RTP
  • HTTP ストリーミング: HLS
  • ファイルフォーマット: MP4、MKV、TS
  • クロック: 入力用エクスポート クロック、出力用外部クロック
  •  ネットワークアダプター:
    • Dektek: DTA-2160、 DTA-2162
    • 汎用APIソケットを使用したネットワーク インターフェース コントローラ(NIC)

使用例

Media SDK(Spin SDK v3.1)は、SDI キャプチャから高性能のエンコード、デコード、レンダリング処理、または、ストリーミングで必要とされるハイエンドのカスタム アプリケーションの作成を容易にします。すべてのコンポーネントは、最大限のパフォーマンスを実現するために、 SDK に含まれる最適化されたメディア フレームワークを使用して、相互に簡単に接続できます。SDK の一般的な使用例には、ライブ エンコーダ、ライブ デコーダ、メディア プレーヤーなどがあります。

使用例 1: ハイエンド カスタム ライブ エンコーダ

この使用例のコアコンポーネントは、4Kと8K UHDを含む標準フォーマットだけでなく、カスタム解像度でビデオを圧縮することができるスピンデジタル ライブ エンコーダです。エンコーダは、I/O キャプチャ モジュールから信号を受信し、TSoIP (RTP) または HLS によりストリームを送信します。必要に応じて、入力信号は、前処理のフィルタで、解像度、転送機能、またはカラースペースの変更などを圧縮前に処理することができます。

使用例2: 没入型メディアプレーヤ

SDKには、1台のマシンで高解像度16Kに柔軟に対応する高性能CPUベースのHEVCデコードライブラリが含まれています。柔軟にフォーマットをサポートするSDK は、大画面の没入型環境(ドーム、劇場、会場、ビデオウォール)や 8K テレビでの高品質なメディア再生に適しています。サービス プロバイダーから送信される HEVC ビットストリームは、SDI (3G または 12G) または HDMI (2.0 または 2.1) に向けて信号を送信するためにデコードされ、レンダリングされます。高解像度スケーリング、トーン、色域マッピングなどのピクセルベースの操作用のデコーダの出力に、高精度の処理フィルタリングを挿入することもできます。

対応プラットフォーム

Media SDK(Spin SDK v3.1) は、Windows 8.1 及び 10、Red Hat Linux 7 及び 8、Ubuntu 18.04 を含むさまざまな OS プラットフォームで利用できます。

出荷について

Media SDK(Spin SDK v3.1)は、出荷を開始しました。デモライセンスの発行、お見積のご要望は、オンラインでも承ています。

https://spin-digital.com/demo-or-quote/

https://spin-digital-ap.com/contact/ (日本国内のお問合せ)

SDKの詳細につきましては、こちらからもご覧いただけます。

https://spin-digital.com/products/spin_sdk/

商標について

Spin Digital及びSpin Encは、Spin Digital Video Technologies GmbHの商標です。その他の商標は、所有者のものであり、ここでは説明目的のために使用されています。

SPIN DIGITAL

Spin Digital Video Technologies GmbH
Helmholtzstraße 2-9, 10587 Berlin. Germany

= ニュースレター

フォローする

  • SPIN DIGITAL 2018 COPYRIGHT