Spin Digital、InterBEE2017 に出展

Spin Digital Video Technologies GmbH (Spin Digital)は、11月15日(水)から17日(金)まで、千葉県 幕張メッセで開催されるInterBEE2017(国際放送機器展)、8ホール ブース№ 8105に出展します。

テクノロジー・ジョイント株式会社との共同出展で、8Kメディアプレーヤ、SDK、エンコーダなど、HEVCソフトウェア ソリューションの最新バージョンを展示します。

8Kサポート Spin Digital HEVCコーデックと8Kメディアプレーヤ

Spin Digitalメディアプレーヤは、PCベースのソフトウェア ソリューションです。8K高解像映像のリアルタイム HEVC/H.265デコーディング及びプレイバック再生に対応しています。メディアプレーヤは、HDR、120fpsをサポートするHFR、BT.2020をサポートするWCGに対応した次世代高品質映像をサポートします。

最適化による最新バージョンのパフォーマンス

HEVCデコーダとメディアプレーヤの最新バージョンは、最新のIntel Skylakeプロセッサに最適化され、従来よりも高いパフォーマンスを提供します。シングルソケットのCPUで8K120fpsに対応、8K60pについては、小型PCで再生が可能となっています。また、非常に高いパフォーマンスを要求するマルチ8K出力、ビデオウォールやVRに要求される8K以上の解像度(12K、16K)にも対応しています。

次世代ビデオレンダリングエンジン

Spin Digital ビデオレンダリングエンジンの最新バージョンは、ディスプレイ構成に柔軟に対応します。最新ビデオ レンダリング モードでは、マルチGPUまたはSDIボードを使用して、さまざまな画面と再生レイアウトを実現します。

クラウドエンコード及びストリーミング

Spin Digitalエンコーダとメディアプレーヤは、クラウドコンピューティングのインスタンスを使用した効率的なトランスコード、およびHLSを使用したクラウドからのストリーミングの動作テストをクラウド環境で実施済です。

お問合わせとミーティングについて:ホール8 ブース8105

  • Spin Digital製品についての詳細説明
  • Spin Digitalメディアプレーヤのデモストレーションのお申込
  • HEVCソフトウェア ビデオ コーデックによる映像配信のご相談
  • HEVCコーデックのアプリケーションへの組込みなどのご相談

など、事前に、下記、連絡先までご連絡を頂けましたらご希望の時間帯にブースにてお待ちします。

  • Mauricio Alvarez Mesa(マウリシオ アルバレス メサ), CEO – mauricio(at)spin-digital.com – spin-digital.com
  • 日本及びアジアからのお問合わせ: 刈谷(かりや)まで, Executive Officer – tkariya(at)tjc.ne.jp – tjc.ne.jp

 

Funding

当活動は、ヨーロピアン ユニオン Horizon 2020の支援プログラムNo 688759 (lpgpu.org), No 732717 (www.ddd60.eu) のもとで行われています。