NHK技研公開2016でSpin Digital HEVC 8Kメディアプレーヤーを協力展示

東京、2016年5月26日:Spin Digitalの8K HEVCビデオと22.2chオーディオをサポートする最新版8K HEVCメディアプレーヤーがNHK技研公開2016で協力展示されました。技研公開は、5月末までNHK技術研究所で公開されています。

デモストレーションは、8Kビデオ再生と22.2chオーディオとともに、NES(NHKエンジニアリングシステム)ブース(F1)で協力展示されています。8Kビデオ再生と22.2chオーディオ再生は、ワークステーションPCにインストールされたソフトウェアベースのSpin Digitalメディアプレーヤーで行われています。

NHK技研公開は、NHK技術研究所による毎年恒例のイベントで、放送技術に関する最新研究開発を一般に公開する場所でもあります。今年は、8Kをメインとした多くのデモストレーションが公開されています。

NESは、技研公開でPCベースで高品質8K60fpsビデオと22.2chオーディオの再生する8Kスーパーハイビジョンプレーヤーを展示しています。PCベースのソフトウェアメディアプレーヤーは非常にシンプルで、容易に放送分野のアプリケーションへの拡張を可能とします。

Spin Digitalは、NHK技研公開のお役に立てたことを誇りに感じています。また、同時に高解像度に対応したハイクオリティ、ハイパフォーマンスのソフトウェアソリューションを提供していきます。

NHK技研公開の情報について
http://www.nhk.or.jp/strl/open2016/index.html

Spin Digital 8K HEVC Media Playerの情報について
http://spin-digital.com/media_player

 

お問い合わせ先:

Spin Digital Video Technologies GmbH
Mauricio Alvarez-Mesa. CEO. mauricio@spin-digital.com
www.spin-digital.com
Berlin, Germany

NHK Engineering System, Inc.
Hiroshi Senoo. Engineering Controller, Advanced R&D Department. senoo@nes.or.jp
www.nes.or.jp
Tokyo, Japan

Technology Joint Corporation – TJC
Taketoshi Kariya. Sales Manager. tkariya@tjc.ne.jp
http://www.tjc.ne.jp
Tokyo, Japan

Spin Digital、8K対応HEVCメディアプレーヤーの出荷を開始

Spin Digitalは、8K及び22.2chオーディオ対応HEVCメディアプレーヤーの出荷を開始いたします。
5月19日・20日 After NAB Tokyo 2016に出展。

ベルリン/東京、2016年5月18日:Spin Digitalは、本日、8K及び22.2chオーディオ対応のソフトウェア メディアプレーヤーをリリースすることを発表します。5月19日、20日、秋葉原UDXで開催される ”After NAB Tokyo 2016”で、そのデモストレーションをご覧いただけます。

超高精細8K映像(8K 60P、4:4:4 10ビット対応)のリアルタイムHEVC/H.265再生は、汎用ワークステーションPCとパナソニック液晶ディスプレイ株式会社のご協力による、同社8Kパネルにて、テクノロジー・ジョイント(TJC)ブースにてご覧いただけます。

Spin Digitalは、独自エンジンによるHEVC/H.265エンコーダ / デコーダのチューニングに成功。そのデコーダ及びSpin Digitalビデオレンダラーを搭載した4K、8K対応HEVCメディアプレーヤーは、汎用ワークステーションPCで8K 60P、4:2:2及び4:4:4 10ビットに対応、高ビットレート、高精細8K映像のリアルタイム再生を実現するDirect ShowベースのソフトウェアHEVCプレーヤーです。

また、メディアプレーヤーは、マルチトラック22.2chオーディオをサポートしています。メディアプレーヤーは、Media Player Classic をベースとしているため、そこでサポートされるMP4、MPEG2-TS、MKVなどのファイルフォーマットにも対応しています。

メディアプレーヤーは、世界各国でご提供を開始。日本のお客様につきましては、Spin Digital社の国内総代理店TJCにて製品のご提供・サポートをいたします。

「汎用PCで使用する事ができる、8K及び22.2chオーディオをサポートするソフトウェアHEVC メディアプレーヤーをリリースできたことは、世界各国の市場に8Kメディアを浸透させるための重要な通過点です。我々の最先端ソフトウェア ビデオコーデック技術が8K市場の先駆者であることに非常に光栄でございます。」Spin Digital社CEO、Mauricio Alvarez-Mesa(マウリシオ アルバレス=メサ)(談)

After NABについて http://www.after-nab.jp/2016tokyo/

 

お問い合わせ先
ドイツ ベルリン / Spin Digital Video Technologies GmbH社
CEO、Mauricio Alvarez-Mesa(マウリシオ アルバレス=メサ)mauricio@spin-digital.com – www.spin-digital.com

東京 / テクノロジー・ジョイント株式会社- TJC
営業部 刈谷(かりや)tkariya@tjc.ne.jp – www.tjc.ne.jp

TJC

 

カンヌ国際映画祭に参加します。

は、カンヌ国際映画際で最先端ビデオコーデックのデモストレーションを実施します。

Spin Digitalは、カンヌ国際映画祭のNEXTパビリオンにて、VoDのためのHEVC/H.265コーデックのデモストレーションに参加します。

ベルリン、パリ、コペンハーゲン、2016年5月5日:Spin Digitalは、映像業界のためのHEVC/H.265コーデック ベースのVoDアプリケーションのデモストレーションプレゼンターとして、カンヌ国際映画祭のパネラーに参加します。パネラーとデモストレーションは、5月17日 午後4:00に パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(Palais des Festivals et des Congrès)のパレⅠ(Palais I)で開催されます。

フィルム、TVなどの映像コンテンツのインターネット経由での配信は、日に日に増えています。その品質もHDからUHDへと高くなっています。視聴者のためのビデオ圧縮技術は、非常に重要な役割を担っています。

35mmフィルムからデジタルに移行した後、映像業界では、映像制作、配信、上映ほとんどすべてのコンテンツはデジタルフォーマットが基本となっています。上映されるコンテンツは、クリエータの可能な限り高品質イメージとして保存されます。しかしながら、このフォーマットは、インターネットで配信するためにはデータ量が非常に大きく適切ではありません。オンラインビデオで使われているビデオコーデックは、その品質に満足を得られない場合があります。HEVC/H.265は、既存コーデックと比較して充分な品質改善を得られています。映像業界におけるVoDアプリケーションへのHEVC/H.265の適切な実装は、Film265プロジェクトの役割でもあります。

パネル/デモストレーション

Film265は、カンヌ国際映画祭のNEXTパビリオンにてVoDアプリケーションのための最適化されたHEVC/H.265コーデックを発表します。プレゼンテーションは、パネルディスカッションや改善された優れたコーディングパフォーマンスで映しだされるスクリーンデモストレーションで行われます。特に、現在のスタンダードコーデックH.264/AVCとHD、UHDコンテンツのためにデザインされた新世代コーデックHEVC/H.265の比較は非常に面白いものになっています。

ポストプロダクション、ビデオコーデックエキスパート、映像配信者などのパネラーは、視聴者の立場をふまえて、ビデオ圧縮についての彼らの意見を交わすでしょう。

上映:5月17日 午後4:00
場所:パレⅠ(Palais I)、パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ(Palais des Festivals et des Congrès)

スピーカー

  • Patrice Carré (モデレーター): フィルムディレクター、プロデューサー、フォトグラフィーディレクター。
  • Mauricio Alvarez-Mesa(マウリシオ アルバレス=メサ): ドイツSpin digital社CEO。超高精細アプリケーションのためのビデオコーデックを開発。ベルリン工科大学 上級研究員。
  • Frantz Delbecque: フランス、リーディングポストプロダクション及びフィルムラボのÉclairグループ(www.eclairgroup.com) R&D及び最新技術ディレクター。
  • Pascal Lebegue: フォトグラフィーディレクター

Film265_Invitation_Cannes2016

FILM265 パートナー

Film265は、革新的なビデオコーデック テクノロジーを持つ、ヨーロッパの中小VoDサービス、 ビデオコーディング分野から映像業界にいたるヨーロッパのパートナーで構成されるコンソーシアムです。国際的なインターネット映像配信マーケットに対して、競争力のある技術をパートナーに提供することを目的としています。

ベルリン工科大学からのスピンオフ企業、Spin Digitalは、ビデオコーデックのハイパフォーマンス、ハイクオリティに向けて研究開発を進めています。

Reelportは、PicturePipe ビデオ配信ソリューションの開発に携わるVoDプロバイダーです。

Le Marché du Film – Festival de Cannes handles Cinando (www.cinando.com), 映像業界のためのB2Bソリューションを提供しています。

LevelK (www.levelk.dk) is an International sales and distribution company using VoD technologies via Stream4pro (www.stream4pro.com)

 

FILM265 PROJECT INFO

www.film265.eu

Next Pavillon in Cannes

Mauricio Alvarez Mesa

mauricio@spin-digital.com

PRESS CONTACT

Niklas Teng

LevelK, Copenhagen

niklas@levelk.dk

EU-FINANCED 

The FILM265 project has received funding from the European Union’s Horizon 2020 Research and Innovation Programme under grant agreement No 645500.