Spin Digital、世界最小コンパクトリアルタイム8K HEVC/H.265 メディアプレーヤーをNAB2016で発表

Spin Digital、世界で初めてとなる ソフトウェアソリューション リアルタイム8K HEVC/H.265 メディアプレーヤーを NAB2016で発表

Spin Digitalは、超高精細8K映像(8K 60P、4:4:4 10ビット対応)のリアルタイムHEVC/H.265デコーディング、レンダリングに対応したソフトウェアベースのメディアプレーヤーをリリースします。

 

ドイツ ベルリン, 2016年3月30日:  次世代高品質ビデオアプリケーションのための高性能ビデオコーデックの開発を専門とするSpin Digital Video Technologies GmbH (CEO: Mauricio Alvarez Mesa :以下、Spin Digital)は、本日、8K以上の解像度をサポートするHEVCデコーダ及びメディアプレーヤーをNAB2016でリリースすることを発表します。NAB会場では、パナソニック液晶ディスプレイ株式会社様のご協力により、パナソニック液晶ディスプレイ様8KパネルによるSpin Digital HEVCプレーヤーをご覧いただけます。NAB会場でのデモストレーションは、4月18日(月)から4月21日(木)まで、ラスベガス コンベンションセンター South Upper ホール、ブースNo. SU15211 でご覧いただけます。

8K(スーパーハイビジョン、Ultra HDTV)は、4Kと比較して4倍の解像度を持つ高品質、最高位のフォーマットです。8Kは、4Kでは表現できない没入感や臨場感を実現します。一方、解像度が高くなるにつれて、8K映像では、ハイダイナミックレンジ(HDR)、ハイフレームレート(HFR)、広域色空間など重要なイメージクオリティも求められています。

8Kを実現させるための重要なポイントは、ビデオコーデックです。コーデックは、膨大な8Kデータを転送するために、非常に高い圧縮率を必要とします。Spin Digitalは、世界で初めて、汎用ワークステーションPCで高精細8K映像のリアルタイム再生が可能なソフトウェア コーデックの開発に成功しました。

NABのSpin Digitalブースでのデモストレーションでは、8K 60fps、4:4:4 10ビットをサポートするリアルタイム HEVC/H.265デコーダとメディアプレーヤー(8K再生ソフトウェア プレーヤー)をワークステーションPCからパナソニック液晶ディスプレイ様の高精細55インチ8Kパネルで再生をしてご案内します。Spin Digital HEVCデコーダとプレーヤー(レンダラー)は、8K 映像の再生を可能にした純粋なソフトウェアソリューションです。

Spin Digitalは、プロフェッショナル向け8K/4Kのための高品質HEVCコーデックを提供します。HEVC/H.265デコーダ、ビデオレンダラー、メディアプレーヤーをはじめ、HEVC/H.265 エンコーダの提供も可能です。アプリケーションソフトウェア、テクニカルサポートの提供をはじめ、プロフェッショナル向けコーデックのカスタマイズ、コンサルティングなど、いつでも承っています。

 

Spin Digitalについて:
Spin Digitalは、次世代高品質ビデオアプリケーションのための高性能ビデオコーデックを開発しています。HEVC/H.265ビデオコーデックのソフトウェアでの実装、拡張を専門とし、数10年にわたって蓄積した研究経験を元に革新的なB2Bビデオコーデックソリューションを開発しています。ベルリンを本社に世界各国に展開をしています。

 

弊社ブース小間番号: SU15211

NAB Show 2016 - Spin Digital - Map

Add to my NAB Show

 

Contact:

Mauricio Alvarez Mesa(マウリシオアルバレス メサ) CEO mauricio@spin-digital.com – www.spin-digital.com

(日本国内及びアジア地区): 営業部 刈谷 (かりや) tkariya@tjc.ne.jp – www.tjc.ne.jp

TJC