ドイツSpin Digital社とアズラボ株式会社、世界初16KメディアプレーヤをISE 2018で発表

ベルリン、東京:2018年1月26日:ドイツSpin Digital社とアズラボ株式会社は、世界初の16KメディアプレーヤをISE 2018で発表いたします。展示デモストレーションは、2月6日(火)から2月9日(金)まで、アムステルダムRAIコンベンションセンター、ブース №14-K145 でご覧いただけます。

次世代超大画面アプリケーション向け16K映像

16K映像は、驚異的な解像度15360×8640ピクセルで、高精細ビデオウォール、巨大投影システム、没入型ディスプレイ、リアル没入型VRなどの次世代超大画面アプリケーションを可能にします。

 

HEVCソフトウェアコーデックによる16K映像

Spin Digitalは、最新プロセッサアーキテクチャーで非常に高性能なHEVCデコーダとビデオレンダラを最適化しました。これにより、1台のPCだけで16K映像の再生が可能となりました。

16K HEVCの再生は、RAWメディアサーバーの機能に近づいています。Spin Digital HEVCコーデックを使用することで、HEVCでエンコードされた非常に高品質の16Kコンテンツを非常に低い帯域幅で再生し、ストレージコストを削減することができます。このSpin DigitalのHEVC技術とアズラボ株式会社のメディアサーバーソリューションを組み合わせることにより、次世代超大画面アプリケーションに対応した驚異的なソリューションを提供します。

 

16K映像デモストレーション構成

  • 解像度:16K(15360×8640px)
  • フレームレート:60fps
  • ピクセルフォーマット:4:2:0, 10ビット
  • 圧縮サイズ:HEVC 400Mbps
  • PC 及びディスプレイ構成
    • CPU: 2× Intel Xeon Scalable Platinum 8168 (2×24 cores)
    • GPU: 4× Nvidia M4000
    • Display: 16× 4K Monitor Dell 27” Dell UltraSharp U2718Q

 

アズラボ製16K コンテンツ

アズラボ株式会社は、最先端の独自ソフトウェア技術に基づいてUHDコンテンツを制作するノウハウを有しています。当該デモンストレーションでは、アズラボ製の特別な16Kコンテンツを用意しています。

 

お問合わせとミーティングについて:ブース14-K145

ドイツSpin Digital社、アズラボ株式会社、テクノロジー・ジョイント株式会社は、ISE 2018に参加いたします。展示ブースでは、16Kメディアプレーヤについての詳細、最先端技術によるビデオアプリケーション、システム構築に関するご相談を承っております。事前に、下記、連絡先まで、ご連絡を頂けましたらご希望の時間帯にブースにてお待ちします。

  • Mauricio Alvarez Mesa(マウリシオ アルバレス メサ)Spin Digital Video Technologies GmbH CEO – mauricio(at)spin-digital.com – spin-digital.com
  • 東和信(Kazunobu Azuma)アズラボ株式会社 代表取締役 – azuma(at)azlab.co.jp – http://www.azlab.co.jp/en/index.html
  • 刈谷剛敏(Taketoshi Kariya)テクノロジー・ジョイント株式会社 取締役 執行役員 – tkariya(at)tjc.ne.jp – http://www.tjc.ne.jp/en

 

支援プログラム

Spin Digital社の活動は、ヨーロピアン ユニオン Horizon 2020の№  7620799 (www.immersify.eu)の支援プログラムのもとで行われています。